TOP FAX・複合機 > V−980


v985

主な機能

使い安さを追求したシンプルな操作性

操作パネルに大型漢字部分タッチパネルディスプレイを採用。パネルに直接触れて操作できます。各種機能設定や操作手順を分かりやすく表示。バックライトで表示部も明るく、オペレーションもスムーズに行えます。

よく使用するファクスやコピー機能をあらかじめ「ご愛用スイッチキー」に割り当てておくと、ワンタッチでON/OFFの切り替えが可能です。


v985操作パネル

各種応用コピーや紙づまりの解除の方法などを音声でガイダンス。複雑な操作も音声ガイダンスに沿ってスムーズに行えます。また、ファクス受信もアラーム音ではなく「ファクスを受信しました」と音声でお知らせすることもできます。(自動/手動設定可能)

よく使用するファクス、コピー機能の操作手順をあらかじめ「おまかせ機能キー」に登録しておくと、ワンタッチで実行可能。何度もキー入力する手間を省き、操作を簡略化できます。

最大3段給紙+50枚マルチ手差し

用紙カセットには1段目、2段目共に300枚の用紙をセット可能。標準装備の手差しトレイ(折りたたみ式)には、B4からハガキサイズまでの用紙をセットすることができます(最大50枚/A4)。さらに、増設給紙ユニットを追加すると最大3段/950枚給紙が可能です。

v9853段

いつでもコピー

コピープリント中でも、別の原稿をセットしコピー予約ができます。プリント中のコピーが終わると、すぐに次のコピーを開始するのでムダな待ち時間がありません。

毎分13枚の高画質デジタルコピー

A4原稿(タテ)なら、毎分13枚の連続コピーが可能。また、600dpi×600dpiの高解像度により、細かい線や小さな文字なども忠実に再現します。

自動原稿サイズ検知&回転コピー

ADFや原稿台にコピー原稿をセットするだけで自動的に原稿サイズを検知。定形サイズの等倍コピーがワンタッチで行えます。さらに、A4、A5またはB5サイズの原稿をタテ・ヨコどちらの方向にセットした場合も、常にジャストサイズの用紙でプリントアウト。サイズの向きを気にせずコピーでき、用紙のムダがありません。

※A4ヨコのセットはADFのみ。

便利な応用コピー機能

<< 集約(N in 1)コピー >>

複数(2、4)枚の原稿をそれぞれ縮小し、1枚の用紙にまとめてプリントアウトします。

集約(N in 1)コピー


<< ページ分割コピー >>

本など閉じた原稿の見開きページを片面ずつ別々の用紙にコピーします。

ページ分割コピー


<< リピートコピー >>

1枚の用紙に同じ原稿を繰り返しコピーします。

リピートコピー

スーパートリプルアクセス機能

コピー中でもボタン1つでファクスに切り替えできます。原稿の読み取り、プリント、通信、各種機能設定を完全に切り離し、同時にスピ−ディ−な処理を行います。

ファクスワープ機能

指定時間内に受信したファクスをあらかじめ設定した宛先に転送できます。また、ナンバ−・ディスプレイを利用すると、あらかじめ登録した特定の相手先からのファクスを転送することも可能です。外出中に受信した原稿を出先や自宅で受信できるので、ビジネスチャンスを逃しません。

※ISDN回線をご利用の場合、NTT各種サービスとの契約を必要とする機能については、TA及びルーターがこれらのサービスに対応している必要があります。

Network Printer

<< ネットワーク上の共有プリンターとして活用 >>

ネットワーク対応により、プリンターサーバーなしでネットワーク上の共有プリンターとして活用できます。
ExcelやWordなど各種アプリケーションソフトで作成した文書を、600dpiの高画質でプリントできます。
さらに、100BASE-TX/10BASE-Tインターフェースを標準装備。幅広いネットワーク環境に対応し、より高速なネットワークプリントを実現します。

※オプション

Network Scanner

<< データ化して閲覧する >>

スキャンしたデータをInformation server +PlusIIのメモリーに保存し、ネットワークに接続されたパソコンからWebブラウザを利用してデータを閲覧・ダウンロードできます。さらに、VPNやイントラネット環境などを構築すると、遠隔地や外出先のパソコンからダウンロードも可能になり、大変便利です。

<< データ化して共有する >>

Windowsネットワークを通じて、ファイル共有やプリンター共有を実現するSMBプロトコルに対応。Windowsネットワーク上に接続された本体からパソコンの共有フォルダーやサーバー内の特定フォルダーを直接指定してファイルを保存できます。

SMB方式


<< データ化して送信する >>

操作パネルで相手先のメールアドレスを選択すると、スキャン文書や画像をE-mailの添付ファイル(TIFF、PDF)としてデータ送信できます。
一旦パソコンに保存する必要がなく、また精細な写真画像なども階調性豊かに送信できます。

mail送信


※オプション

お問合せ